北日本病害虫研究会 --- The Society of Plant Protection of North Japan

植物医師について

文部科学省所管の国家資格「技術士(農業部門・植物保護)」有資格者のうち、日本植物医科学協会実施の認定審査合格者を、「植物医師」として認定する制度が始まりました。平成28年4月現在、北海道・東北地域では12名が認定されております。

北日本病害虫研究会の会員の皆様も是非、植物の健康を守るプロフェッショナルの専門資格「植物医師」の取得を目指しませんか。

植物医師有志一同より


(参考)植物医師の活動:一般社団法人 日本植物医科学協会ホームページより抜粋

植物医師は、畑・水田・果樹園・公園・緑地・宅地など各種の私的・公的空間等の植物・作物に発生する植物病(微生物病・害虫病・雑草害・生理病・汚染物質害・気象害)による植物の障害等を、 診断・治療・防除・予防するための知識及び技術を備え、高い倫理観を持って、植物・作物および自然環境を保全・育成するための試験・検査・研究・各種処置に関わる活動を行います。また、その使命を全うするため、植物医師としての品位の向上に努め、自己の研鑽に励み、 公正・誠実に行動し、社会の持続的な発展に貢献します。


  • ○植物医師について
  • ○日本植物医科学協会プレスリリース(2016.3.30)
  • ○技術士(農業部門・植物保護)について

  • 研究会のトップページへ戻る